ミッチェル筋肉エネルギーセミナーを主催

台風直撃の中4日間ミッチェルMET国際セミナーを主催いたしました。主催者としては台風とか心臓に悪いです・・・。

米国のオステオパシー学会のコンボケーションでミッチェル・カイ先生と知り合い、日本でセミナーを行って欲しいとお願いし、またThe Muscle Energy Manualの翻訳出版も行いたいと、友好関係を深めていく中で実現しました。

今回で4回目のミッチェルMET国際セミナーです。今後あと2回開催される予定です。ミッチェル・インスティチュートで行われているすべてのコースを日本オステオパシー学会で紹介したいと思っています。

今回のセミナーは、東京の水道橋で正直台風の影響は大したことありませんでしたが、食事に困りました。
お店はすべてしまっているし、コンビニにも何も無い状況で、講師の先生とコンビニに並んでカップラーメン食べるなんて初めての出来事であり、思い出にも残りました。

計画運休で電車が動かず、帰宅難民のスタッフとカイ先生を交えてセミナー後にディスカッションするなんて贅沢な時間も過ごせました。

緊張した筋にアプローチを行うより、抑制されて使われていない筋にアプローチしたほうが、緊張してる筋が弛緩してバランスが取れるなどどんどん理論も進化していました。

筋肉エネルギーを使ってますって人はいっぱいいますが、本来のミッチェルの筋肉エネルギーを理解してる人は非常に少ないです。これは米国でも感じます。

それを日本オステオパシー学会で学べる環境はとても素晴らしいことだと思います。

長年実現できなかったセミナーであり、さらに書籍翻訳などを行えることになったのはやはり熱意しかなかったかなと思います。
ですがこの書籍細かい文字でびっしり書かれてますので翻訳が大変なんです。
今回のセミナー中にも第一巻の気付いた間違いをすべて指摘させてもらい、より完成度の高い日本語版を発行したいと思って取り組んでいます。

参加された方はこのセミナーの情報量の多さとアイデアを理解していただけたと思います。

第2回 東京国際スポーツメディスンイノベーションフォーラム

昨日ので、脳振盪に関する最新知識のアップデートと眼球運動を使った脳振盪のチェック方などとても興味深い内容で勉強になりました。
昨年のAAOの脳振盪の内容と同じ内容も多く聞かれました。
AAOの方が情報が早いかも。もっとも補足された部分も多かったですが。

オステオパシーは脳振盪の予後にアプローチすることはとても多く行われています。ただそのアプローチと結果に関するエビデンスがあるのかと言われればなかなか難しいところです。
特に頭蓋オステオパシーは微細な触診能力がメインになってきますので、人間の感覚に検査機器が追いつくのは相当大変です。

日本で脳振盪に対しては安静意外ないと言われていたのが随分と変化してきましたが、実際に手技的な介入はとても少ないです。

オステオパスでも脳振盪に詳細な知識と理解をもって、脳振盪の影響が残っているのか判断できる人は殆どいないことでしょう。

脳振盪をチェックするピッツバーグ大学の先生の眼球運動を使った脳振盪の検査などはとても有効な検査であると思いました。

こういった検査での眼球運動の結果を介入後と比較することで、ある程度客観的に効果が分かるのではとも思います。

眼球の動きを可視化する機械なども企業が展示していました。

ただ正常時のベースラインの測定や、検査に慣れておく、をどうするか大きな問題でもあります。

また重要なのは脳振盪から競技に復帰させることだけではなく、なぜその人が脳振盪を起こすことになったのか競技スキルや体幹のポテンシャルがとても重要な要素でそこを改善させないと脳振盪を減らすことは出来ない!
トッププレーヤーほど脳振盪の発生は少ないってのが印象に残っています。

10月のスケジュール

10月のスケジュール

2・9・16・23・30日(水曜日)10時~13時/17時~19時 西荻オステオパシーセンター

3・17・24・31日(木曜日)
10時~13時 西荻オステオパシーセンター 15時~18時 Mobility

10日10時~12時(木曜日) 西荻オステオパシーセンター午後お休み

10日午後から14日まで国際セミナーの為お休み。
この期間は連絡が付きにくくなると思いますので、よろしくお願いいたします。

10月より第4週日曜日は、JOAにて直接法四肢編を担当いたします。

西東京医介塾

11月の西東京医介塾でミニ講座を担当することになりました。
介護職の方も多いので「脳振盪とアルツハイマー型認知症の関係」・睡眠の重要性とオステオパシーの可能性。
こんなテーマでやってみようと思います。
オステオパシー・カイロプラクティック・整体とどう違うのかなども含めてオステオパシーを知ってもらえたらと思います。

D.O.

米国のD.O.は(Doctor of Osteopathic Medicine)で医療的制限のないオステオパシー医師

でも紛らわしいのがヨーロッパ系に多い
D.O. (Diploma of Osteopath) ってその学校を卒業しましたよって証明のディプロマも同じくD.O.って表記してあったりする。

これとっても紛らわしい、そしてかなり違う。
Dip.O.とかにしてほしい。

オステオパシーの歴史

オステオパシーは1874年(明治7年)にアメリカ人医師のアンドリュー・テイラー・スティルによって発表されています。スティルは当時流行性髄膜症で三人の娘を亡くし自分の行っている医学に絶望し辞めようとしたようです。その後もさらに3人の子供たちも生後まもなくなくなったことから、健康とは病気とはを考え直してオステオパシーの発表につながっています。
カイロプラクティックの発表が1895年ですからオステオパシーはそれより20年も前に発表されています。

ラテン語で骨を意味するオステオン(osteon)と病気・治療を意味するパソス(pathos)から作られた造語で「オステオパシー」です。こう聞くと骨の関係の治療法なのかと思いますが人間全体を扱うので、現在は日本語で訳さずオステオパシーと使っています。

オステオパシーは医師が発表した学問で医師たちが学んでいました。後にMDとは別のDO(オステオパシー医師)としての米国の資格が出来て発展していきました。
ですがその後、弾圧にあいMDとDOを統合する動きがありました。ですがスティルはMDと考え方や哲学は別なので、その統合を断ったことにより現在も米国ではMDとDOと二種類の医師が存在します。

日本には1910年頃にはすでに米国から伝わっていたようです。
1921年(大正10年)にはオステオパシーについて書かれた書籍山田式整体術講義録って最古の書籍が存在しています。
ですがここでオステオパシーが山田式と勝手に名前を変えられて、その後徒弟制度などで伝えられていたので正常な発展が出来てきませんでした。この時期からオステオパシーが独立した専門職として日本で発展していたら100年で相当違っていたことでしょう。

日本オステオパシー学会が出来たのは1990年ですが1987年からオステオパシー研究会として、海外から先生方を呼びセミナーを行って学んできました。
すでに113年後のスタートです。現在のオステオパシーの情報があるのは日本オステオパシー学会の活動があったからでしょう。

またオステオパスを育成するには教育機関が必要として、日本で最初にオステオパシーの教育機関を1992年に設立しています。

現在では3年制のインターン過程を備えたフルタイム教育のジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー(JCO)で教育を行っています。
ですが海外では5年生の修士も取れるフルタイム教育が一般的になりつつあり、まだまだこのレベルには達していません。
日本オステオパシー学会の会員は、このJCOで教育された卒業生が多く半数以上がしっかりとオステオパシーの教育を受けた人材です。

またJOF(日本オステオパシー連合)では民間のオステオパスの認定試験を行っています。
1次テスト筆記4時間
2次テスト実技問診・口頭試問・鑑別診断・オステオパシー的な思考プロセス・実技などトータルな実技試験
これに合格した方をMRO-(J)として日本のオステオパスの称号を与えています。

日本オステオパシー学会のHPではJCOの卒業生なども検索できます。
https://osteopathic.jp/

2020東京オリパラでのオステオパスの参加の可能性

2020東京オリパラのポリクリニックでのメディカルサービスに関して話を聞いてきました。

東京組織委員会の入るビルからは選手村がよく見渡せます、青っぽい細いビルの後ろの左右の肌色?オレンジ色っぽいビルが選手村です、周辺の道もだいぶ出来ていました。

・ポリクリニックは診療所登録する医療施設である
・日本で医療を行えるのは日本の医療資格を持った人のみ
・ポリクリニックで働く人は整形外科医・理学療法士・鍼灸師・マッサージ師で整形外科医がいるのでバッティングする柔道整復師は除外
・他国のライセンスで医療行為をすることは一切認められない
・アスレチックトレーナーはIOC・IPCは医療としては認めていないので、医療行為は一切できない、よってポリクリニックで働くことは出来ない

なので世界にメディカルサービスのボランティアを募集することはなく、基本的にオールジャパンで望むようです。

リオオリパラでは大会3ヶ月前に国が動いて、カイロプラクティック・オステオパシーの法制度がない状況でも特例処置を認めたようですが、東京はそんな柔軟さはまったくないと思われます。

IOC・IPCが求めているグルーバルスタンダードなメディカルサービスの提供とは大きく違う東京独自のもので望むようです。

2012ロンドンからスタートしたCOPSでのメディカルサービスは2016リオで継続され発展して来ましたが、2020東京で途絶えてしまう事になるようです。

ポリクリニックでオステオパスとして働くなら、医療としてのオステオパシーの日本の法制度の設立、これには教育機関も当然必要、日本での国家試験も必要になることでしょう。
そしてこの日本のライセンスをもたない限り日本で医療を行うことは出来ない。厳しくとてもハードルの高いです。

日本は医療鎖国のようなシステムなので特に厳しい結果です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

踵骨の骨内ストレインが下肢に与える影響

変形性膝関節症になってしまうとアライメントがどんどん悪くなっていってしまいます。

負荷がかかれば変形がどんどん加速するしストレスがかかれば半月板も損傷しやすくなります。

そんな状態ではやはり歩行もおかしくなっていきます。

足関節も影響がでてきて、アーチ形状などにも変化が出てきます。

膝や足関節の可動域を付けて機能として良い状態に修正しても、何かスッキリしない感じが有りましたが、大腿骨・脛骨・腓骨・踵骨のストレスや、外傷による骨そのものの変形を修正することで大きな改善が見られるケースが沢山あります。

骨はコロイド流動性があり生きています、変形を起こすわけですからその逆の再成形も可能です。

ミッチェルのMETを学んでこのアプローチを覚えてから骨=硬いものって概念がなくなりました。
オステオパシーの面白さはこのようなアプローチも有していることです。

踵骨の骨内ストレインが再成形されると歩行も相当変わります。

FTAのラインにちゃんと荷重させるには、踵骨の骨のねじれ自体を修正しなければうまくいかないだろう。

#骨内ストレイン #歩行メカニズム #変形性膝関節症 #OA #踵骨

8月のスケジュール

8月のスケジュール

1日はMobility
7日水曜日は西荻オステオパシーセンター10時~7時
8日木曜日10時~13時西荻オズテオパシーセンター 15時~18時Mobility
13日~19日まで夏休み
21日水曜日は西荻オステオパシーセンター10時~7時
22日木曜日10時~13時西荻オズテオパシーセンター 15時~18時Mobility
28日水曜日は西荻オステオパシーセンター10時~7時
29日木曜日10時~13時西荻オズテオパシーセンター 15時~18時Mobility

予定変更

本日は西荻オステオパシーセンターではなくMobilityで施術です。
明日は次男夏祭りの為午後2時で終了です。