パーカッションハンマーの周波数

人間には固有の周波数があると教わった。
その周波数となる倍数の周波数をパーカッションハンマーで使用することが多い。

一番良く使っている周波数の音叉で実験してみた。
パーカッションハンマーは無段階でヘッドスピードが調整できるようになっているので、音叉に接触せず振動数で共振を起こすのかの実験してみた。
最初耳で音叉の振動音に近いものを感じようとしたが、どうしても物理的なモーター音が邪魔してイマイチ良くわからない。
0~MAXまで回転を微調整しながら探ってみたが、結果的には接触無しでは共振は起こらなかった。

パーカッションハンマーの目的は、問題のある部分のもつ周波数と同じ周波数を接触したパットとモニターする手の間の領域で作り出すこと。
同じ周波数に微調整して合わせる事になるが、おおよそのスタートする振動数はやはりこの基本の周波数に近い回転数になるだろう。そこからターゲットが振動しやすい物質なのかし難い物質なのかでスピードを調節していく。

同じ周波数がぶつかり合う事で2倍の波ができる、これが中でうねる感覚というか引っ張られる感覚になるのだろう。
この波のぶつかりがもっとお互いに先に進むと双方が打ち消す波長になり定常波が生まれる、定常波が生まれている状態はパットとモニターの間の領域で定常波が起きているので、この時は引っ張られるような吸い付くような感覚はないし、おそらく振動音も変化しているのが分かると思う。
おそらくこれがリリース徴候でゴールだと思われる。

実験では接触無しでは共振は起こらなかったわけなので、接触した状態で微調整して共振を作り出す必要がある。
ここで重要になるのパットの接触圧と方向性で、ターゲットとなる奥行きどの部分に振動を伝えるかだ。
音叉の先端ををパット近くから位置をずらしながら奥行きを変えてチェックしていくとパット圧力と振動が起きる場所の関係性が明確に伝わってくる。
過去にインターン生と卒業生にパーカッションハンマーの使い方が全くわからないので教えて欲しいと頼まれたことがあり、基本的な部分を教えたことがあるのだが、かなり感覚的な物になってしまうので教え方が難しかった記憶があるが、この音叉を使うと感覚がとてもわかりやすいと思われる。回転スピードと圧力がどのような変化を与えるのかが実際に確認できる。
教えかたの良い方法のヒントを掴むことが出来た。

あとはAttention (注意力)とIntention (意志)と極性だろうか。

薪割りで痛めた右肘をいろいろ施術してもらったけど結局1年半痛かった、
パーカッションハンマーで手首側をリリースさせたらその翌日から痛みが減りいつの間にか気にならなくなっていた。その経験からまた最近研究しだしている。
線維化して固くなり可動制限を起こしている膝蓋下脂肪体の柔軟化にもかなり使えると思われる。

3月のスケジュール

3月のスケジュール
水曜日は西荻オステオパシーセンター
木曜日は全日Mobility
3月13日金曜日午前中お休み

10日午後~19日までAAO学会のコンボケーション(コロラドスプリングス)参加の為お休み予定でしたが、米国の渡航制限が出る可能性が高いのでキャンセルいたしました。
通常通りの営業です

2月のスケジュール

2月1日(土曜)セミナー参加のためお休み
水曜(午前・夕方)・木曜(午前)西荻オステオパシーセンターにて施術
22日(土曜)臨床神経学参加のため午後4時で終了

3月はAAO学会のコンボケーション(コロラドスプリングス)に学会代表として参加の為、10日午後~19日までお休み、営業は21日土曜日からです。

C2の重要性

学生時代C2は目の問題と関係していると聞いたことがあるが、その詳細な理論の説明はなかった。
当時は目に問題があればC2を施術していた、今考えればパターン的なアプローチで何も考えてなかったなと反省。
頚椎からの神経を考えるとC2は関係ないのになんでと思ってはいた。

C2には硬膜の付着があり、硬膜が視神経を包み込む関係から影響があるのだろう。硬膜に緊張が現れると視神経を介して眼球に硬さが現れるし。

硬膜の付着からC2はかなり問題を抱えてることが多い、頭部や脊柱の両方の支点にもなってくるからだろう。
筋へのアプローチだけでは解決しないことも多いと思われる。
C2の分節の問題で硬膜が緊張すると考えるより硬膜の緊張があるからC2に影響が出やすいのだろうと思う。
C2のSDをリリースしても再発することが多く、頭蓋の硬膜をリリースしたほうがC2のSDは再発しにくい気がする。

もちろん下部からの影響もあるので仙骨の問題もリリースしておくべきだろう。SBSと仙骨の関連性を考えてもC2は重要な支点となる。
あくまでもC2に硬膜が付着してる場合で、解剖してみるとかなり違うらしいのでその人の付着部分と考えることは必要だろう。

ロッシング先生のアーバックル頭蓋セミナーを受講して、頭蓋縫合の可動制限があるから硬膜の緊張が生まれるのではなく、
硬膜の緊張が頭蓋縫合の可動制限を生む方がしっくり来る感じがして考え方が変わった。
外傷なんかは縫合の問題だろうけど。

以前に学生の卒論でC5/C6が過伸展して突っ込んでると視力が悪くなりやすいみたいな卒論があった。
これはなんでだろう?とぼんやり思ってた
過伸展によって椎骨動脈の血流量が減る?→眼球周辺の血流不足→眼圧の変化?なのかな、おしり探偵みならって謎解きが必要 笑

 

 

年末年始のお休みと1月のスケジュール

年内は30日まで通常通り営業
年始は7日から営業致します。

1月のスケジュール
水曜日は西荻オステオパシーセンターで施術10-13時 5-7時
木曜日は午前:西荻オステオパシーセンター10‐13時 午後:Mobility15‐18時

1月11日(土曜)神経解剖学セミナー受講の為お休みです。

#Mobility

頭頸部の回旋続き

筋骨格系のキネシオロジー―カラー版 原著第2版なのだが文章を読んでみると、これもカパンディの考え方と同じ。

頚椎の右後結節と左前結節に触診したまま、能動的に頭部を右回旋させた時、下部と上部の動きはやはりミッチェルの理論の方が正しいように触診からは伝わってくる。

頚椎の前彎形状も考えるとC5ぐらいまでは屈曲気味に配列されてそこから伸展気味に戻ってくるような気もする。

TYPE2の動きしかできないのだから屈曲か伸展かになってくるので屈曲気味で右回旋すれば当然左の移動距離が大きいだろうから右の関節面に軸ができると思う。伸展気味なら逆になるよね。アーチ形状を堺にして。

頭頸部の回旋

頚椎の回旋(側屈を伴う)
昔カパンディで習ったのはこの図だ。
真ん中に回旋軸があってそれぞれ動いている、これだと右の関節面は伸展に左の関節面は屈曲に動くってことだろう。

頚椎は関節面が常に接触してるのでTypeⅡの動きしかできないこの図を見ても右側屈を伴った右回旋。
側屈が加わるのでセンターで回旋することは難しいよね。

ミッチェルは全く別の解釈をしている、結構カパンディの考え方に異論をとなえててて面白い。

ミッチェルはC2~C4までは左関節面に軸が形成されて右が伸展に動く(バックターン)
C5~C7は右関節面に軸ができて左関節面が屈曲に動く(フロントターン)この2種類組み合わせで典型的頚椎の能動的な右回旋がおきると予測されると書かれている。

この考え方からいくと右回旋制限があるなら、どこの分節かによっては滑走させるべき方向性は変わってくるのだろうと思う。

可動域を改善させる動的なテストでは、屈曲させるか伸展させるかで可動化させ再チェックして、問題が改善するなら結果は予測できるわけで、自身を持ってMMETでその筋の再教育を行えば良いのかもしれない。

西東京医介塾にてミニ講座動画

西東京医介塾にてミニ講座動画①
オステオパシーって何?歴史

②脳振盪とアルツハイマー
睡眠の重要性と脳内の老廃物除去のグリンパティックシステム

西東京医介塾にてミニ講座を担当

12月のスケジュール

4日(水)10時~13時・5時~7時西荻オステオパシーセンター
5日(木)10時~13時西荻オステオパシーセンター15時~18時Mobility
11日(水)10時~13時・5時~7時西荻オステオパシーセンター
12日(木)10時~13時西荻オステオパシーセンター15時~18時Mobility
18日(水)10時~13時・5時~6時西荻オステオパシーセンター
19日(木)10時~13時西荻オステオパシーセンター15時~18時Mobility
25日(水)10時~19時西荻オステオパシーセンター
26日(木)10時~16時西荻オステオパシーセンターMobility休み

その他日曜祭日除く日はMobility9時~12時・13時~18時

年内は30日で終了、年始は7日(火)から営業